TA-Arrange

seguimi



TA-Arrange

今回は、93さんのTA-Trackに入っているTA-Arrangeを紹介します。

導入がまだの方はTA-Normalの記事を先に読んでみてください。
TA-Normal


TA-Arrange prog100




TA-Arrangeはprogを移動させることでテキストが整列していきます。
prog
 0から100にすると、四角形の中に納まるように整列します。

delay
 最初の文字が変化してから最後の文字が変化するまでの時間的なズレです。

space
 テキスト間の間隔を調整します。




spaceでの字間調整。






パラメータ設定の改行位置で、何文字で改行するかを決められます。



TA-Arrange prog200




prog
 100から200にすると、四角に整列していたテキストが円形に並ぶようになります。

radius
 円の半径を決めます。






パラメータ設定の円数では、何重の円にするか調節できます。




また、【向く】にチェックを入れると、テキストが中心を向くようになります。



TA-Arrange prog300




prog
 200から300にすると、カメラ制御を使った円形配置のように並びます。




その他のパラメータを見ていきます。

order
 変化するテキストの順番を決めます。
 0で順、1は逆順、2が中央から、3はランダムとなります。

seed
 orderで3のランダムを選択した時の乱数調整です。

全体を回転
 個別に回転してしまうテキストを全体として回転させたいときにチェックを入れます。

easing.No
 テキストの移動をUndoFishさんのイージング(トラックバー版)で指定するときに使います。



応用




93さんによると、このTA-Trackに入っているスクリプトはいずれも座標情報を出力していて、
格子線などの座標にPOSと入力することでテキストの座標とリンクさせることができます。

格子線は点サイズを0にすることができるので、テキストと線のみにすることもできます。




ちょっと力業ですが、テキストに「・」を入力すると図形の円のように扱えます。


いかがだったでしょうか。
前回のTA-Normalと併せてかけることもできます。
TA-Arrange、是非試してみてください。


TA-Track関連

TA-Normal
TA-Arrange
TA-Anchour


Comments 2

There are no comments yet.
匿名  

seguimiさんはじめまして。
ちょっとお聞きしたいことがありまして
コメントさせていただきます

あの、応用について
格子線の座標とテキストの座標
どうやってリンクさせることができますか

2018/06/18 (Mon)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To 匿名さん

コメントありがとうございます。

まずテキストにTA-Arrangeをかけます。
次にカスタムオブジェクトから格子線を出します。
格子線の設定から、座標の項目{-100,0,0,100,0,0}の部分ををPOSに書き換えます。

これでテキストと格子線がリンクすると思うので試してみてください。

2018/06/19 (Tue)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply