立方体とカメラ制御

seguimi



立方体を使った空間把握

今回は、立方体を応用して奥行きのある空間を作ってみたいと思います。


四角形を使って立方体を作る


サイズ300の四角形です。
四角形を6枚使って立方体を作ります。




カメラ制御の下に置いた四角形。
まずは正面から、Z値を-150として前進させます。

中心は(0.0.0)なので、サイズ300の四角形なら前後に150ずつずらします。




裏面はZ値150です。




最初のポイントは、四角形に裏表があるということです。
そのままZ値を150にすると、裏返しになってしまいます。






Y軸回転を180にしてひっくり返します。

図形の四角形だと表と裏がよくわからなくなります。
裏面を表示しないにチェックをいれると、裏面が消えるのでどちらが表かわかります。




3枚目はX値-150、Y軸回転を90にして側面を埋めます。




4枚目はX値150、Y軸回転-90。




次は天井を作って蓋をします。
Y値-150、X軸回転-90。

先ほどまではX値とY軸回転でしたが、ここからはY値とX軸回転を使います。




最後の床です。
Y値150、X軸回転90です。




これで立方体の完成です。



向きを変える




回転によっては、ある面の向きを変える必要があります。
Eの面が横になっているので、Z回転でくるりと向きを変えました。



立方体の応用

立方体の配置と向きを応用してレイアウトを工夫します。




テキストを使った演出は、このような段々になった配置です。






宇佐美さんの動きも、このような配置と向きでできています。




実際に作るときは、カメラ制御に目標中心回転をかけてぐるぐる回しながら調整しています。

ここでのポイントは、一度に水平と垂直をいじらないことです。
作業ウィンドウを右クリックしながら動かすと、
ぐいんぐいん回せますが、慣れないとカメラが迷子になります。

角度を見るときは水平回転だけ、垂直回転だけ、と目標中心回転を使って別々に確認するとわかりやすいです。

いかがだったでしょうか。
参考になるデザインを見て、「これ立方体の応用でできそうかも」と思えればこっちのものです。
立方体を使った空間づくり、是非試してみてください。


カメラ制御とグループ制御

Comments 6

There are no comments yet.
-  

めっちゃ分かりやすいです!
これからも頑張って下さい!!

2018/05/02 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
bearkuma  

こっちを読んでから「カメラ制御とグループ制御」の記事を読むと理解が深まりますね!
ところで前にニコニコで上げていた素敵なMADはもう観れないんでしょうか・・・

2018/05/02 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To -さん

コメントありがとうございます。

不定期ですが、これからもよろしくお願いします。

2018/05/02 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To bearkumaさん

コメントありがとうございます。

残念ですが、以前に投稿していた動画はもう手元にありません。
ニコニコ以外の動画サイトを探してみるほかないと思います。

2018/05/02 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
-  

バグかなんかで見れなくなってたので焦りました
これからも参考にさせていただきます

2018/05/03 (Thu)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To -さん

コメントありがとうございます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

2018/05/04 (Fri)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply