シーンの使い方

seguimi

シーンの使い方

今回は、シーンの使い方を紹介します。

特徴


シーン機能は、複数オブジェクトで構成されている動画や静止画を
ひとつのオブジェクトとして扱うことができます。


普段、Root上で複数オブジェクトを扱うとこのようになりますが、


シーン機能を使うと、このようにひとつのオブジェクトになります。



使ってみる



RootをクリックしてSceneを選択します。
新しいタイムラインがあるので、ここで編集します。

 
こんな動きのものを作ってみました。
シーンのタイムライン上は複数のオブジェクトで構成されています。

 
Rootに戻りまして、拡張編集上で右クリック。
シーンを呼び出します。

複数オブジェクトで構成されていた動画が、ひとつのオブジェクトになったため
クリッピング、透明度など、エフェクトを全体にかけることができます。


 

 



アルファチャンネルをつける


シーンにはアルファチャンネルをつけることができます。


左上のSceneを右クリックすると、シーンの設定が出てきます。
アルファチャンネルありにチェックを入れます。


編集します。

 
背景を置いているときは、編集後に背景レイヤーをオフにしてください。

 
別のシーンで同様に編集しました。
背景の消し忘れにご注意を!

 
Rootに戻って呼び出し。
アルファチャンネルありにしているので、
ちゃんと後ろのオブジェクトが見えている状態になります。


カメラ制御と合わせて使うときに重宝します。
過去記事参考→カメラ制御とグループ制御



その他


 
パーティクルやランダム配置など、レイヤーを移動させると
見た目が変化してしまうエフェクトがあります。

コピペしたい。

そのようなエフェクトもシーンを使えば解決。
呼び出されたシーンはレイヤーを移動させても変化しないので、
重ねて使うことができます。


マスクのように、シーンに置いた画像や動画を選択できるものもあります。
背景から文字だけ抜くのも簡単です。



注意点


・シーンを呼び出す際、まずScene 1が出てきます。
 Scene 1でグローなど重いエフェクトをかけていると、呼び出してフリーズすることがあります。
 それを回避するためにScene 1を空けておくのがおすすめです。

・呼び出したシーンが長い!
 →シーン内拡張編集上で右クリック→[範囲設定]→[最後のオブジェクト位置を最終フレーム]

・エフェクトが効かない。
 →そういうこともあります。


いかがだったでしょうか。
以前より少し理解が深まったので、改めてシーンを紹介しました。
今では動画を編集するのに欠かせない機能だと思います。
是非試してみてください。

過去記事
カメラ制御とグループ制御
ディスプレイスメントマップを使ったシーンチェンジ



Comments 2

There are no comments yet.
noname  

最近ブログを見つけたのですが参考になる記事ばかりで大変ありがたいです
シーンを使うとタイムラインもすっきりして編集しやすくなりますよね……ついつい同じところにたくさん並べて編集してしまうので積極的に活用していきたいです

2018/01/06 (Sat)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To nonameさん

コメントありがとうございます。

タイムラインがすっきりしているといいですよね。
私も動画編集しているときは必ずと言っていいほどシーンを使っています。

不定期ですが、これからもよろしくお願いします。

2018/01/06 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply