TA標準登場

seguimi

0
今回はTA標準登場について紹介したいと思います。

・基本設定

 
まずは、テキストオブジェクトをだします。
文字毎に個別オブジェクトにチェックを入れてTA標準登場をかけます。

文字数が多く最後まで表示されない場合は、
間隔[s]の値を0.1や0.05など小さくしてみてください。


このようにタイピングで表示されます。

 
時間[s]の値をマイナスにすると退場になります。

 
拡大率を0にするとこんなかんじ。
拡大率を400くらいに大きくしてもおもしろいです。

登場順では、登場する順番を変えることができます。


・パラメータ設定


パラメータ設定では、登場する距離や回転軸を扱います。
X距離を50にしてみました。


フェードにチェックを入れると、フェードして登場/退場します。


テキストを縦書きにして、Y距離-40にしたもの。


Y距離-40、Y軸回転90にしたもの。

複数のパラメータを同時に設定して変化を出していきます。


・応用


X距離-50、Z軸回転-45の設定です。

 
テキストを拡張描画にして、中心をずらしてみます。

中心Xを-500、中心Yを-200にすると、左画像のようになると思います。

そのままでは画面の中央にテキストがこないので、
基本効果の座標をかけて真ん中にくるようにします。
値は中心で設定した値と同じにします。


このように中心からずらした分だけ大きく動いています。

中心を移動させて変化をつけるのは、
同様のパラメータ設定があるTAシリーズに共通なので覚えておくと役立ちます。


TAの拡大率0でカメラ制御と図形を使ってTA標準登場。

いかがだったでしょうか。
今までTAシリーズを使ってこなかったのですが、
使ってみるといろいろな動きや変化があって面白いですね。
機会があれば是非試してみてください。

参考動画
 →TA標準登場
過去記事
 →カメラ制御とグループ制御



Comments 12

There are no comments yet.
隼人  
最後の四角形の出し方

最後の文字が黄色い動画で使われている、辺が一本一本バラバラに登場してから四角形になるのは、はどのようにすれば表現できるのかを教えていただきたいです。

2017/05/06 (Sat)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
返信To 隼人さん

コメントありがとうございます。

ここでは長くなるので、画像で説明しました。
こんな感じで作ります。
http://blog-imgs-106.fc2.com/s/e/g/seguimi/bsks01.png

サイズや幅の数値はお好みで変えてください。
不明な点がありましたら、再度ご質問ください。

2017/05/07 (Sun)  | EDIT | REPLY |   
隼人  

ご丁寧に画像までありがとうございます。
とても分かりやすく、簡単にできました。
工夫次第で、とても簡単な操作だったのですね。

2017/05/09 (Tue)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To 隼人さん

そうなんです、意外と単純な動きでできています。

お役に立てたようでよかったです。

2017/05/09 (Tue)  | EDIT | REPLY |   
きとぅん  
最後の文字の消え方

いつもブログの記事を参考にしています。
この記事に使われている動画の中で最後の文字が粒子の様に消えていく表現はどのようにすればできるのでしょうか?
ご教授願います。

2017/05/29 (Mon)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To きとぅんさん

コメントありがとうございます。

あれは、ゆうきさんの「泡」というスクリプトです。
過去記事にもありますので、参考にしてみてください。
 →http://seguimi.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

2017/05/30 (Tue)  | EDIT | REPLY |   
きとぅん  
To seguimiさん

素早い返信ありがとうございます!
全ての記事にまだ目を通すことができておらず、見落としていたようで申し訳ありませんでした。
記事もかなり参考になり、無事に「泡」スクリプトを導入することができました。

Aviutlで編集を始めたばかりの初心者ですが、管理人さんのブログを参考にしつつ色々と挑戦していきたいと思っています。
これからもブログの更新を楽しみにしています。

2017/05/31 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To きとぅんさん

泡スクリプトを導入できたようで、よかったです。

すべての記事に目を通すのは大変だと思いますので、
何かありましたらお気軽にご質問ください。

これからもよろしくお願いします。

2017/05/31 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
羽兎  
点の連続

こんにちは
つい一月前にAviutlを始め、こちらのサイトをよく参考にさせていただいてます

最後の動画内で、文字の登場とほぼ同時に画面下から上へ移動する点の連続はどのようにやるのでしょうか...?
点の連続の表示方法がわかりません...

よろしければ教えて頂けますでしょうか

2018/05/30 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To 羽兎さん

コメントありがとうございます。

一列に並んだ点は、カメラ制御の下に円(図形)を置いて、さつきさんの[一方向に並べる]をかけます。
双方向にチェック、角度を90、回転軸を1にして、個数と間隔を調整してください。
そうしてできたオブジェクトをコピペして、X座標に等間隔で並べれば完成です。

2018/05/31 (Thu)  | EDIT | REPLY |   
羽兎  
To seguimiさん

お返事ありがとうございます!

そちらの方法で作ることができました!
大変助かりました!ありがとうございます!!!

2018/05/31 (Thu)  | EDIT | REPLY |   
seguimi  
To 羽兎さん

無事できたようで、よかったです。

2018/06/01 (Fri)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply