スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆらめき

今回は、ゆらめきを紹介したいと思います。

導入は、ティムさんの動画からどうぞ。
 →【AviUtl】 ゆらめきスクリプト


・熱風


ゆらめきスクリプトは、画面をゆらゆらと動かすことができます。


 
設定を見ていきます。

◆サイズ

 →歪みの大きさを決めます。
  大体0から100くらいの間で扱います。

◆形状変化

 →変化の大きさを決めます。
  とりあえず、ここの数値を移動させると動きます。

◆パラメータ設定 ランダム形状

 →数値を大きくするほど変化も大きくなります。
  なんかもうちょっと大きく動いてほしいなって時に増やします。

  

・水中


水中でのゆらめき。


サイズを100と少し大きくして動かしました。



・陽射し


ジリジリとした夏の陽射しを表現します。


サイズを20と小さくして、あまり大きく揺らさないようにしました。


2つのオブジェクトをまたぐ場合は、グループ制御にゆらめきをかけると便利です。



・回想


ぽわぽわぽわ~っと、こんなことがあったんですよ的にシーンチェンジ。


サイズと形状を次第に大きくしていきました。


ゆらめきの設定が終わった後に、中間点を打って透明度をいじります。



・注意点



ゆらめきをかけると、上の画像のようなちらつきが発生することがあります。
カメラ制御で扱っても消えませんでした。


対処法としては、背景を置き、スポイトで周辺の色を拾って目立たなくします。

いかがだったでしょうか。
ゆらめきは動きを与えてくれるので、静止画MADで役立つと思います。
機会があれば、是非試してみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: ゆらめき

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。