スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PNG出力

今回は、PNG出力について紹介します。

導入はこちらのダウンロードページからどうぞ→http://auls.client.jp/
auls_outputpng.aufを、Pluginsフォルダか本体フォルダに入れてください。

PNG出力は、現在フレームの画像を保存してくれます。


使い方です。
[設定]→[PNG出力の設定]にチェックを入れます。


すると、このようなウインドウが出てきます。


保存したいフレームで、
[現在のフレームの画像をPNG形式で出力]をクリックし、保存します。


このプラグインのおかげで、
縁に破線が入ったまま画像をコピーすることがなくなりました。
また、その都度画像編集ソフトを起動する手間もかからず、
ストレスなく画像を保存できるようになりました。

PNG出力は、
[現在フレームの画像をアルファPNGで出力]することもできます。


画像を加工したり、エフェクトをかけたりすると
どうしてもPCが重くなってしまいます。

 
加工したものを一枚画として使う場合、シーンから呼び出すよりも
アルファPNGで出力し、画像として扱うことでPCへの負荷が軽くなります。

いかがだったでしょうか。
サイズを大きくすることで重くなるテキストオブジェクトなどは、
アルファPNG出力すると編集が楽になると思います。
PNG出力、是非使ってみてください。

以上、PNG出力の紹介でした。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: PNG出力

Comment - 4

2016.08.20
Sat

周防涼白  

ありがとうございます!

今回の記事で紹介されているPNG出力で効率よく作業を進めることができそうです(笑

これからの更新も楽しみにしています。

2016/08/20 (Sat)  | REPLY |   
2016.08.21
Sun

seguimi  

To 周防涼白さん

コメントありがとうございます。

エフェクトかけて画像として扱うなど、私もPNG出力をよく利用しています。
不定期ですが、これからもよろしくお願いします。

2016/08/21 (Sun)  | EDIT | REPLY |   
2016.08.31
Wed

hanikam  

こんばんは、このブログを見てMADを勉強しようという気持ちが芽生えました。
記事とは関係ないのですが、参考までにパソコンのスペックをお教えいただけないでしょうか?
色々詰め込むと重くなりそうで、どのぐらいのスペックがあれば快適に作成できるのか知りたいです。

2016/08/31 (Wed)  | REPLY |   
2016.09.01
Thu

seguimi  

To hanikamさん

コメントありがとうございます。

os:win10
cpu:AMD Phenom ii x6
メモリ:12GB
グラボはNVIDAの古いのが入ってます。
5年位前のPCです。

こんな感じですが、
AviUtlは32bitソフトなので、使用できるメモリは大体2GBまで。
グラフィックボードは使用していないっぽいので、
あっても驚くほど速い、軽いといったことはなさそうです。

ちなみに、動画編集が軽かったことは・・・ないです><


以上、参考になれば幸いです。

2016/09/01 (Thu)  | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。