スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライン*(R)

今回はライン*(R)について紹介します。


使用例。

ライン*(R)の導入は、rikkyさんのページからどうぞ。
[Aviutl]ライン*(R)スクリプト



カメラ制御の下に図形の円を置いて、カメラ制御の対象にしておきます。
軌道ラインとアンカー化をかけると上画像のようになります。
*軌道ラインは常に一番下です。

 
アンカーの数を4つにして曲線状にしてみました。
この状態で、後展開または前展開をいじってみてください。
線を引いたり、消したりできます。

 
これがラインの基本的な使い方になります。

今までもラインを引くものはありましたが、
同時に、消えていくものはなかったように思われます。
ライン*(R)ではそれができるようになっています。


Z軸にも対応しています。

 
色変化を追加することで、グラデーションが可能になります。

 
裏面化を追加することで裏面も色を変えることができます。
また、裏面を画像にすることができるので、
自分で用意した水玉や花柄などにもできます。


こんなかんじです。


続いては、パターン化です。
パターン化では、指定フォルダの画像を描画することができます。


適当なフォルダの中に画像を連番で5枚入れました。


パターン化の設定から、先程の連番画像のフォルダを指定します。
枚数で表示させたい数を決めます。


軌道ラインの設定から、先端図形を"image"と入力し、
始端と終端をともに0とします。
オブジェクトイメージにチェックを入れると画像が表示されます。
チェックの入れ忘れにご注意を!


パターン化のずらしをいじることで、画像を移動させることができます。


また、画像のみならず、動画も読み込むことができます。


イラストなども素材化することで、伸縮させることができます。
素材の向きにも注意が必要です。


こんな画像にライン*(R)をかければ・・・


ゴムゴムすることもできます。

まずは、基本となる
 ・アンカーでの配置
 ・前後展開による線引き
を覚えて、パターン化やひねりなどを試してみるといいと思います。

いかがだったでしょうか。
多機能でちょっと複雑ですが、使い方も付属してあるので、
ライン*(R)是非試してみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: ライン*(R)

Comment - 12

2016.06.05
Sun

Ruto  

記事お疲れ様です!

今回もrikkyさんによる凄い応用性のあるスクリプトが公開されました!
ルフィーのゴムゴムを表現できるのはなるほどーって思いましたw

スクリプト使用例の動画制作も凄かったです!

rikkyさん&seguimiさんに感謝<(_ _)>

2016/06/05 (Sun)  | REPLY |   
2016.06.05
Sun

seguimi  

To Rutoさん

コメントありがとうございます。

いつものことながら、スクリプト作者さんはすごいですね。
アイデア次第でいろんなことができます。

動画の感想もありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。

2016/06/05 (Sun)  | EDIT | REPLY |   
2016.06.10
Fri

周防涼白  

ゴムゴムの人の目線が黒塗りされていてくすりときました(笑



使用例の回想シーンみたいなのいいですね!

その使用例に質問なのですが、二枚目の階層は①左足②今回のライン③右足というように階層を分けて作っているのですか?

どうやって足の間を通って後ろから前にきているのか教えて下さい!

よろしくお願いいたします。

2016/06/10 (Fri)  | REPLY |   
2016.06.10
Fri

seguimi  

To 周防涼白さん

コメントありがとうございます。

予想の通り、フィルム演出の右足と左足は別オブジェクトです。
ラインで作ったオブジェクトを足オブジェクトで挟んでいます。

ラインのオブジェクトも一つではなく二つ使っています。
足の間を通るラインオブジェクトと、足の前を横切るラインオブジェクトです。

足で二つ、ラインで二つの計四つのオブジェクトで構成されています。

2016/06/10 (Fri)  | EDIT | REPLY |   
2016.09.03
Sat

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/03 (Sat)  | REPLY |   
2016.09.03
Sat

seguimi  

To -さん

メールにて返信しました。
ご確認のほどよろしくお願いします。

2016/09/03 (Sat)  | EDIT | REPLY |   
2017.03.29
Wed

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/29 (Wed)  | REPLY |   
2017.03.29
Wed

太郎  

質問

パターン化の設定から、先程の連番画像のフォルダを指定します。のところで
$だけを入力とはどういう意味ですか?
フォルダのアドレスを指定すれば良いということでしょうか?

2017/03/29 (Wed)  | REPLY |   
2017.03.29
Wed

seguimi  

To -さん

説明記事を書きましたので、そちらを参考にしてみてください。
 →http://seguimi.blog.fc2.com/blog-entry-688.html

2017/03/29 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
2017.03.29
Wed

seguimi  

To 太郎さん

コメントありがとうございます。

rikky_module.dllというファイルがあると、
画像フォルダ欄に"$"と入力するだけでフォルダ指定の小窓が開きます。

小窓が開かない場合は、rikky_module.dllがないか、バージョンが古い、
ファイルが破損しているなどが考えられます。

rikkyさんの動画説明ページや、3:00~に説明があるので確認してみてください。
 →http://www.nicovideo.jp/watch/sm28976661

2017/03/29 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
2017.06.26
Mon

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/26 (Mon)  | REPLY |   
2017.06.28
Wed

seguimi  

To -さん

確認です。
①$(半角)と入力してフォルダ指定の小窓は出ますか?
 →出ない場合はrikky_moduleが無い、置き場所が悪いなどが考えられます。
  rikky_moduleをPluginsフォルダ、scriptフォルダ、exedit.aufと同じフォルダ
  いずれかに入れてみてください。
  
②フォルダ指定の小窓は出るが、指定をしても反映されない。
 →システム設定の最大画像サイズがデフォルトだった場合、
  幅2000高さ2000のように大きくしてみてください。

作業環境がわからないので何とも言えませんが、
まっさらなAviUtlにライン*(R)とdllだけを入れて検証してみるのもいいと思います。

2017/06/28 (Wed)  | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。