スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

描けば都 その1

今回は、手描きテキストを紹介していきたいと思います。

 
出来上がり。
左)アウトライン+シャシャっとしたもの 右)塗りつぶし

まずは、ペイントソフトで素材を描いていきます。


フォントはBebas Kaiを使用しました。
透明度を調節して色を薄くすると、線が描きやすくなります。

 
アウトラインをなぞって3枚描きます。
背景が透明のpngで保存すると使い勝手がいいです。
保存する際、名前は連番にするようにしてください。
基本的には3枚1セットです。

 
別パターン。
左)塗り潰したもの 右)粗くシャシャって描いたもの

ここからはAviUtlを使って、素材を動画にしていきます。
 拡張編集上で右クリック
 →メディアオブジェクトの追加
 →動画ファイル
と進みます。

 
参照ファイルから素材を選択します。
ファイルは連番で読み込まれるので、001を選択すると003まで読み込まれます。
番号が欠けていたり、途中でファイル名が変わったりしていると
最後まで読み込まれないので要注意です。


ループ再生にチェックを入れると001-003をループします。

再生速度は100だと速すぎるので、いつもは50にしています。
速度50で2フレームずつ、速度33.3で3フレームずつの再生になります。


完成。

 
星を描きます。
拡大率や再生位置を変えて配置すれば、星空も簡単に作れます。
雲でも草でも3枚描くだけで動きが出ます!

いかがだったでしょうか。
”その2”からはオブジェクトを動かしてアニメーションにする、を紹介したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: 手描きアニメーション 描けば都

Comment - 2

2015.04.29
Wed

周防涼白  

No title

いつも勉強させていただいています。

更新楽しみにしています!!

2015/04/29 (Wed)  | REPLY |   
2015.04.30
Thu

seguimi  

返信

コメントありがとうございます。

動画づくりのお役に立てれば幸いです。
これからもよろしくお願いします。

2015/04/30 (Thu)  | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。