スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本効果の座標

今回は基本効果の座標について紹介します。

 
中間点を打ってオブジェクトを移動・変形させた後に、
思った位置とずれて出来上がることはありませんか?
もう少し下にしたい、左に移動させたいと思っても、すでに中間点を打っているため
それも儘なりません。

 
そんなとき、座標を使えば、動きを保ったままオブジェクトを移動させることができます。
基本効果→座標にあります。


Xの値を移動させて中央に配置することができました。

 
ちょっとずれて配置されている、なんてことも。
モーショントラッキングなど、動きをつけた後に修正が必要になる場合に効果的です。


修正後。

他にも、グループ制御下で複数オブジェクトの一つだけ動かしたいときにも役立ちます。

いかがだったでしょうか。
今までこうした移動はグループ制御を使っていましたが、
座標を使えばオブジェクト数の節約にもなります。
基本効果の座標、是非使ってみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: 基本効果 座標

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。