スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ制御と円形配置を使った演出例

今回はこれまでのカメラ制御と円形配置を使った演出を紹介します。
カメラ制御のあれこれ12円形配置の記事。


角丸四角形にあらかじめ作っておいた動画を動画ファイル合成。
そのオブジェクトに円形配置をかけます。

 totsukawa002 のコピー
大まかな設定はこちら。

 
カメラ制御で左上から右下に向かって移動させました。

 
中央の人物オブジェクトはScene 1で作ります。
出来たものをRootにおいて、カメラ制御オプションのカメラの方を向くにチェックします。

テキスト等のオブジェクトの色を後から変えるために、シーン内の人物オブジェクトは
レイヤー表示をオフにするか、削除します。
人物オブジェクトは改めて、Rootに配置します。

 
(青いフレーム足したり、背景に「+」を並べたり、カスタムフレア足したり、
放射ブラーかけたり、一部オブジェクトの色を変えたりして)
出来上がり。

まとめ
■円形配置のオブジェクトはカメラの動きで移動していくのに対し、
 中央のオブジェクトは常にカメラの方を向くようにしてペラペラになるのを防ぎます。

■モーショングラフィックスは静止した状態で作り、カメラ制御で移動させるため
 人物に合わせてトラッキングする必要はありません。

以上、直近3つの記事を応用した演出でした。

いかがだったでしょうか。
カメラ制御と円形配置を使った演出、何かの参考になれば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: カメラ制御 円形配置

Comment - 13

2015.03.29
Sun

T.T  

似た感じの演出をしようと思って参考にさせてもらいながら作ってたんですが、同じレイヤーの置き方にしても周りのオブジェクトが真ん中のあるオブジェクトより後ろにあるような感じになってしまいます。どうやったらsegumiさんのように前後関係がまともに働いたアニメーションに出来るんでしょうか?

2015/03/29 (Sun)  | REPLY |   
2015.03.30
Mon

seguimi  

返信

コメントありがとうございます。

オブジェクトの位置関係ですね。
まずは、オブジェクトがカメラ制御の対象になっているか確認してみてください。
パラメータウィンドウの左上のカメラマークをオンにするか、
オブジェクトを拡張描画にするとカメラ制御の対象になります。
カメラ制御の対象レイヤー数をいじっている場合は、そちらも確認が必要です。

ちなみに人物、丸角四角形の両方ともXYZ値は0です。

2015/03/30 (Mon)  | EDIT | REPLY |   
2015.03.30
Mon

T.T  

Re:返信

返信ありがとうございます

オブジェクトは全てカメラ制御の対象にはしてあります、レイヤー数も大丈夫でした。
なんというか上から見てみると真ん中のオブジェクトの周りを角丸四角形が囲んでるんですけど、正面(とか真ん中のオブジェクトと角丸四角形が重なる角度)から見てみるとレイヤーの仕様が優先されてる感じですかね。

2015/03/30 (Mon)  | REPLY |   
2015.03.31
Tue

seguimi  

返信

カメラ制御の対象の問題ではなかったですか。

簡易版を作ってみたので、試しに読み込んでみてください。
自分の方では適正な位置に配置されていますが、T.Tさんの方ではどうでしょうか。

https://kie.nu/2uTN
[pass:aviutl]

2015/03/31 (Tue)  | EDIT | REPLY |   
2015.04.01
Wed

T.T  

Re:返信

おおおすいません、わざわざありがとうございます
ちゃんと配置されてました。それでしばらく適当に触ってたら原因わかりました、カメラ制御の「Zバッファ/シャドウマップを有効にする」にチェックを入れてなかったからだったみたいです。

ホントこんなことに手間かけさせてすいません、おかげで助かりました。
ありがとうございました。

2015/04/01 (Wed)  | REPLY |   
2015.04.01
Wed

seguimi  

返信

T.Tさん、無事解決したようで何よりです。

カメラの「Zバッファ~」ですか、なるほど。
あまりお役に立てませんで、こちらこそ良い勉強させてもらいました。

また何かありましたら、お気軽にご質問ください。

2015/04/01 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
2015.05.24
Sun

gad  

当サイトの円形配置で使われていた映像のシーンチェンジの仕方を教えてください。

2015/05/24 (Sun)  | REPLY |   
2015.05.27
Wed

seguimi  

返信

コメントありがとうございます。

戸塚から八幡への切り替えですね。
シーンチェンジのリール回転[回転3・ブラー0]を使います。
合わせてラスター、色ずれをかければ出来上がりです。
各数値やブラーはお好みですが、控えめの方がいいと思います。
全4フレームです。
複数オブジェクトを配置した場合は、フレームバッファを使うと便利です。

試してみてください。

2015/05/27 (Wed)  | EDIT | REPLY |   
2016.12.01
Thu

PL  

No title

円形配置した画像、動画を上手く円筒状に出来なくて困っています。
円形配置の水平配置(カメラ制御)には全てチェックが入っています。
また、この記事にあるカメラ制御で左上から右下への移動の演出はどうやるのでしょうか

2016/12/01 (Thu)  | REPLY |   
2016.12.03
Sat

seguimi  

To PLさん

コメントありがとうございます。

オブジェクトの円形配置ですが、上手くいかないときは、
未編集のまっさらな状態で四角形などに円形配置をかけて
原因を探ってみてください。

カメラ制御は、カメラ効果の目標中心回転を使うか、
カメラ制御を選択した状態で、作業ウィンドウを右クリックでドラッグして動かします。

始点と終点を決めて、調整が必要なら中間点を打つという感じです。

わからない点がありましたら再度ご質問ください。

2016/12/03 (Sat)  | EDIT | REPLY |   
2017.02.05
Sun

hayato  

No title

初めまして。
テキスト前の、丸から棒が出てくる演出の仕方なのですが、やり方を教えていただけないでしょうか。
もし記事で紹介していたらチェック不足で申し訳ないのですがそのURLを貼っていただければ嬉しいです。

2017/02/05 (Sun)  | REPLY |   
2017.02.05
Sun

seguimi  

To hayatoさん

コメントありがとうございます。

直線を引く方法ですね。

①カスタムオブジェクトの「矢印」を使う。
 →一方向だけの直線を引きます。
  幅を大きくすると、出だしがスッとしません。

②カスタムオブジェクトの「ライン(移動軌跡)」を使う。
 →中間点を打って方向転換ができます。
  細い線を引くと薄くなります。

線を曲げないなら①の矢印が使いやすいと思います。
矢印は、さつきさんのFIGUREというobjファイルの中に入っています。
試してみてください。

2017/02/05 (Sun)  | EDIT | REPLY |   
2017.02.05
Sun

hayato  

お返事ありがとうございます。
早速試してみようと思います

2017/02/05 (Sun)  | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。