スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとしたこと

前回のカメラの動きに関連して、知っていたらいいなということを。

カメラボタン
今までカメラ制御を適用させるにはオブジェクトを拡張描画にしなければならないと
思っていましたが、実は上記画像の左上、カメラのマークをクリックすると
拡張描画にしなくてもカメラ制御が適用されることを知りました。

ちなみにその右隣のボタンを押すと”上のオブジェクトでクリッピング”になります。

目標レイヤ01
カメラ制御のデフォルトではカメラは固定されていません。
そのまま動かすとXY軸移動でぐりんぐりん動いてしまいます。
そこで、カメラを固定して軸を動かさないようにするために目標レイヤを設定します。

目標レイヤ02
カメラ制御を配置してあるレイヤの番号を目標レイヤにしてください。
Xを移動させると左右に、Yを移動させると上下に動くようになります。

レイヤーの移動、挿入、削除等でレイヤーの位置が変わることがあるので、
そのたびに目標レイヤがずれていないか確認が必要です。

 
それから、今回絵コンテ用紙を使ってカット割りをしてみました。
映像を作っている雰囲気だけでも味わいたい!

ハイトリックスターさんのHPからダウンロードできます。
http://www.hy-t.net/tsukau/econte/
関連記事
スポンサーサイト

Tag: カメラ制御

Comment - 2

2014.08.03
Sun

名無し  

いつも見させていただいてます

主さんは記事に書いてあるような知識は自分で弄って理解したのですか?それともwikiなどを見たのですか?

2014/08/03 (Sun)  | REPLY |   
2014.08.05
Tue

seguimi  

返信

コメントありがとうございます。

基本的な知識は、AviUtlに付属のexedit.txt、ニコニコ動画に投稿されたスクリプト作者さんの説明等を読んで身に付けたものです。
その上で、自分で試したこと、疑問に思ったこと、発見したことなどを記事にしています。

2014/08/05 (Tue)  | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。