弾ける雲(煙)のアニメーション

seguimi

今回は自分なりの手描きアニメーションについて紹介します。

雲アニメーション001
最初に覚えたのは雲(煙?)がぼわんと消えていくアニメーションでした。

雲アニメーション001
まずは雲を描きます。

雲アニメーション002
雲が三方向に飛ぶようにします。
別レイヤーでガイドとなる線を描いておくとやり易くなります。

雲アニメーション003
雲を3つに分けます。
そして、この雲を少しずつ広げていきます。

雲アニメーション004
重ねるとこんなかんじになります。
全部で5枚描いています。
外に広がりつつ、少しずつ小さく描いていきます。

雲アニメーション005
描いた画像をAviUtlにて長さを2フレームで並べています。
シーンで作っておくことが多いですが、
Rootでもグループ制御にしておくと移動もスムーズでいいと思います。

雲アニメーション002
オブジェクトが隠れるような大きさに調節して消えたり、
曲に合わせて弾けたりできます。
色を変えてカラフルな雲もいいですね。

いかがだったでしょうか。
これからも手書きアニメーションについて記事を書いていこうかなと思います。

センスは知識からはじまる
配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]
デザイン入門教室 確かな力を身に付けられる ~学び、考え、作る授業~

Comments 1

There are no comments yet.
-  

ありがとう、参考になりました。

2017/12/16 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

Leave a reply