高速で動く背景

seguimi

今回はノイズを使って、高速で動く背景を作ってみました。

人物はそんなに動いていなくても、背景を動かすことで
大きく、速く動いているように見えます。

シュバッ001
完成。

シュバッ001
構成は、背景(図形)にノイズをかけたものを二つ併せています。
フレームバッファ(モード:スクリーン)はお好みで。

シュバッ003 シュバッ002
まずは一つ目。
背景にノイズのType5をかけます。

周期Yを0にするとノイズが真っ直ぐ縦に走るので、数値を0.03にして少しかすれを出します。
周期Xは数値を大きくするほどノイズが細くなっていきます。
ここでは0.52に設定して太めにしています。
変化速度では流れる速さを変えることができ、ここでは50にしました。

シュバッ004 シュバッ006
二つ目のノイズは、周期Xを0.85と少し細くし、
変化速度を42.7にして少し遅くしています。
色も少し明るくします。

シュバッ003
併せたもの。
ポイントは、二つ目のノイズにほんの少し差異を設けるということです。



シュバッ002
もうひとつ、今度はノイズを横に走らせます。

シュバッ008 シュバッ010
ノイズを横に走らせる場合は周期Xを0.02と小さくし、
周期Yで太さを調節します。

シュバッ007 シュバッ011
こちらも先ほどと同じように
二つ目は変化速度を遅くしたりして、違いを出していきます。

シュバッ004
二つを併せたもの。

いかがだったでしょうか。
背景が高速で動いていることで躍動感が出ますね。
また、カットインで使うのも相性がいいと思います。
ノイズを使った背景、是非試してみてください。

広告をナメたらアカンよ。
グラフィック文化を築いた13人: 『アイデア』デザイナーインタビュー選集
最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法
キャッチフレーズの戦後史 (岩波新書)


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply