キラキラ

seguimi

今回はアニメーション効果のキラキラを使って、
テキストがパーンと散る動きを試してみました。

キラキラ004
完成形。

キラキラパーン04 キラキラパーン05
まずは図形の円にアニメーション効果のキラキラをかけます。

キラキラパーン06
キラキラの設定(画像はデフォルト)。
主にいじったのは以下の3つの設定です

・透過速度[%]→透明度を調節します。
        100にすると最終的に透明になり、0にすると透明度に変化はなく消えません。

・拡大速度[%]→円の大きさを調節します。
        +域で次第に大きくなり、-域で次第に小さくなっていきます。

・ランダム拡大[-%]→各円のサイズをランダムに変えることができます。


キラキラ001
デフォルトの動き。

キラキラ002 キラキラ003
拡大速度-100。            拡大速度-100、ランダム拡大[-%]-60。

キラキラパーン03
最終的な設定。

キラキラ005
四角形を使って散らしてみました。

いかがだったでしょうか。
そのまま散らしてもよし、何かにぶつかって散るもよし。
アニメーション効果のキラキラ、機会があれば是非使ってみてください。

広告をナメたらアカンよ。
グラフィック文化を築いた13人: 『アイデア』デザイナーインタビュー選集
最も伝わる言葉を選び抜く コピーライターの思考法
キャッチフレーズの戦後史 (岩波新書)


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply