スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円形配置を使ったターゲット

今回はターゲットを作るときに役立った
アニメーション効果の円形配置について紹介します。

ターゲット001
できあがり。

ターゲ006 ターゲ007
Scene(こちら)を使って作ってあるので、拡大縮小、移動も簡単です。

ターゲット003
*Scene上で作業をします。
円はあらかじめ作っておきます。そして、円上をまわる線を作ります。
少し大きめに作っておくと後で使いやすいです。

ターゲ002 ターゲ002-2
四角形の縦横比を使って正方形を細い線にします。
ここではサイズ30、縦横比94にしました。(画面サイズ1280x720)
そこへ、アニメーション効果の円形配置をかけます。

①円形配置の設定から、数を4にしました。
②四角形が円の外側へくるように半径の数値を設定しました。
③最後に回転の数値を移動させることで、四角形を回しました。

ターゲット002
次に円上を回る三角形を作りました。

ターゲ004 ターゲ004-2
こちらも同様に円形配置をかけます。
三角形は数を1に設定し、向き反転にチェックを入れました。
半径を円上に合わせて、回転でくるくる回します。

ターゲット004
合わせるとこんな感じです。

ターゲ005
また、大きな円を作り、四角形の数を81と大きくして
円の内側に配置すると目盛りのようにもなります。

ターゲット005
ちょっとしたモニターグラフィックスも作れます。

いかがだったでしょうか。
ターゲットを作る際には円形配置は大活躍します。
以前に紹介したモーショントラッキング(こちら)と併せて使うと
より一層効果があると思います。
是非一度試してみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Tag: 円形配置

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。