とあるMADの作り方

文字輪郭追跡

8
文字輪郭追跡今回は、UndoFishさんの文字輪郭追跡を紹介したいと思います。【AVIUTL】文字用 輪郭追跡を作ってみた【スクリプト配布】文字輪郭追跡の使い方テキストに文字輪郭追跡をかけてみます。まずは、パラメータ設定から輪郭のみにチェックを入れます。線幅はお好みで。次に描画終点を0から100に移動すると、文字のアウトラインが引けます。開始点では、描画する位置を変更することができます。今までは、テキストの内側にあ...

sinwave

10
sinwave今回は、©2018さんのsinwaveを紹介したいと思います。©2018さんのtweetsinwaveの使い方円(図形)にsinwaveをかけます。円のサイズを30にして、X移動をさせました。その他のパラメータはデフォルトです。sinwaveは対象のオブジェクトを波のように移動させることができます。間隔を5と小さくすると、波のラインが引けます。間隔を詰めるとラインが短くなるので、長さを大きくして調節します。高さは波の高さで、0でまっすぐな...

gifアニメーションの作り方

7
gifアニメーションを作る今回は、AviUtlとGiamというソフトを使ってgifアニメーションの作り方を紹介します。準備AviUtlのお部屋AviUtlのお部屋から出力Pluginの連番BMP出力を導入します。古溝 剛のオリジナルソフト公開ホームページgifアニメーションを作るためのソフト、Giamをダウンロードします。ダウンロードできない場合は、窓の杜からも試してみてください。→窓の杜ダウンロードページ連番BMP出力普段の編集もしくは、アニ...

砕け散るパズル

4
砕け散るパズル今回は、ティムさんの砕け散るパズルを紹介したいと思います。【AviUtl】砕け散るパズルVer2 スクリプト使い方画像に砕け散るパズルをかけました。このスクリプトはカメラ制御とともに使うので、オブジェクトをカメラ制御の対象にするのを忘れずに。主な設定展開0から大きくしていくとパズルピースの形でバラバラになっていきます。サイズピースひとつひとつの大きさを決めます。速度速度を大きくするとより遠くへ飛...

Infographicsで学ぶ図形とスクリプト

0
InfographicsInfographics(インフォグラフィックス)は、さまざまなデータを図形などを使って可視化したものです。視覚効果により、文章で伝えるよりも短い時間で多くの情報を伝えることができるといわれています。今回は、Infographicsを作りながら図形の使い方やスクリプトについて紹介したいと思います。カウンターInfographicsでよく使うのがカウンターです。パーセンテージなどの数値を表すときに用いられます。カウンターはカ...

テキストの使い方

5
テキストオブジェクトと画像今回はテキストについて紹介します。テキストオブジェクトテキストオブジェクトは、一文字ずつ個別にアニメーションさせることができるのが特徴です。「文字毎に個別オブジェクト」にチェックを入れて、アニメーション効果をかけます。ここでは、TA標準登場を使って文字をタイピングさせています。→TA標準登場テキストオブジェクトを使っていて改善出来たらなぁと思っていたことがあります。それは、テ...

レイヤーにライン(2D)

4
レイヤーにライン(2D)今回は、93さんのeffect-Bの中にあるレイヤーにライン(2D)を使った動きを紹介します。effect-Bは、old_script_etc.zipに含まれています。プロフィール欄にあるURLからDLしてください。 93さんのtwitter使い方レイヤーにライン(2D)は、指定したレイヤーのオブジェクト間を線で結びます。2つ以上のオブジェクトが必要です。オブジェクトを二つ出しました。Aのオブジェクトにレイヤーにライン(2D)をかけます。設...