28,2017 枠と素材 READ MORE

 09,2016 文字消し READ MORE

 06,2016 光の表現(反射光) READ MORE

 03,2015 切り抜き素材化のポイント READ MORE

 26,2015 六角形を使ったモーション 補足 READ MORE

 31,2014 色と合成モード(乗算、加算) READ MORE

 11,2014 切り抜きのテクニック READ MORE

No image

スポンサーサイト

枠と素材

今回は、枠を使った素材の加工について紹介したいと思います。このような素材が、よくあります。画像の一部分が見切れていて、そのために扱いが難しいんですよね。そこで、枠を使って素材を活かしてみようと思います。こんな感じです。見切れの素材をそのまま置くより、違和感なく使えます。動かしてもへっちゃらです。ここから本編です。・内枠webデザインを参考にする際によく使うのですが、画面の中に、自分で枠を作ってしまっ...

文字消し

今回は文字消しについて紹介します。アニメによくあるクレジットが被ってしまっている画です。この状態から、クレジットを消して素材化します。お絵かきソフトのレイヤー機能を使って綺麗に文字消ししてみます。元画像の上に線画レイヤーを作ります。線画レイヤーに、曲線ツールやパスを使ってブレない線を描きます。参考までに、GIMPでは、パスをポチポチして右クリック→編集→パスの境界線を描画で綺麗な線が引けます。*パスを打...

光の表現(反射光)

今回は光の表現方法について紹介したいと思います。反射する光です。白背景を使ってスマホの反射光を作ります。光の加工をしていない元オブジェクトです。 背景に斜めクリッピングと片側ぼかしをかけた反射光用の素材を作ります。まわりは、別の背景にグラデーション(円)、オブジェクトに全方位ミラー(rikkyさん)を使って雰囲気を出しています。 反射光オブジェクトをスマホオブジェクトでクリッピングします。最後に透明度で...

切り抜き素材化のポイント

今回は切り抜き素材化のポイントについて紹介したいと思います。主に静止画、一枚絵の素材としての切り抜きです。 切り抜きとは、画像から特定の部分を取り出す、または取り除くことをいいます。上の画像では、背景を取り除いて人物だけを切り抜いています。背景を変えたり、人物の後ろをオブジェクトが通過できるようになります。そんな切り抜きですが、素材によって向き不向きや制限が出てきます。◆切り抜きに向いている画像 ...

六角形を使ったモーション 補足

以前、六角形を使ったモーションの記事内で紹介した切り抜きを使った演出の一部補足をしたいと思います。出来上がり。 六角形で作ったモーションに切り抜きを使ってクリッピングすると、このどちらかのようになって、上手く出現させることができないと思われます。対処1①六角形のモーションに単色化をかけ、色を黒にする。 または、あらかじめ黒色でモーションをつくる。②合成モードを加算にする。メリットは簡明。デメリットと...

色と合成モード(乗算、加算)

今回はヤマノススメMADで使った色について紹介します。使った色は3色で、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)となっています。左からY、M、C。まずは切り抜き画像を用意します。(ここからは画像編集ソフトを使用します。)彩度を下げます。新しいレイヤーを着色する色で塗り潰します。塗り潰したレイヤーのモードをスクリーンにしてできあがりです。GIMPならそのままスクリーンで、Psならクリッピングマスクを作成してください。...

切り抜きのテクニック

今回は切り抜きの方法について紹介したいと思います。まずはこちらを。あかりとちなつちゃんが下から上に移動しています。これを一枚ずつ切り抜いていてはとても時間がかかります。そこで注目するのが、このシーンは一枚絵を動かしているということです。 シーンの一番下と一番上の画像です。 つなぎ合わせたものが左です。これを元に切り抜きをすれば完成。元のシーン。このようにテロップや被っているオブジェクトがあっても、...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。